So-net無料ブログ作成

1368分の500の満足 [行ったとこ]

中学の修学旅行以来やね。こんぴらさん(金刀比羅宮)の階段を登るのは・・

こんぴらさんの階段は。奥社まで1368段。琴平山の中腹の本社まででも785段。
そういえは、数年前に香川に仕事に来た時、下まで来て「翌日の仕事で”使いもんになれへんよう
になる”と判断して、即座に引き返したことがあったような・・・その判断は正しかったと今でも思っ
ているのに・・・
”階段は大嫌い、階段登るくらいなら、う~んと遠回りしてもエスカレーターを♪”を豪語してやまない
私が何故!?
きっと息子たちの「登られへんねんから、下の喫茶店でコーヒーでも飲んで待っとり」という言葉に、
生来の負けず嫌い心が反応したのかもしれない。
ここで100段目 まだゆとりがある。が・・動悸がボチボチ
konpirasan1.jpg

294段。これは私には驚異的な数字やねんよ。
konpirasan2.jpg

息子「大丈夫か!?」 私「あかん・・・」
息子「ひきかえすか?」 私「いや、登る」
息子「背中押したろか?」 私「押して」
息子「大丈夫かっ!?」 私「あかん・・足、プルプルしてるし、動悸が激しい・・」
息子「何で登ってきたんよ」 私「何か、意地のようなもんかなっ、」
息子「ほら、あんなお年寄りも登っていくで」 私「わかってるわ!私、運動不足やねん!」
息子「籠あるけど乗るか?」 私「そんなんに私が乗ったら籠かきのおっちゃんら迷惑やし」
息子「ホンマやなぁ、乗ってる人より、籠かいてる人の方がとっしょりや。すごいわ」 
息子「ほら、見てみ、あんなチッコイ犬も登っていくで」
私 (ぜーぜー、はーはー、ひーひー、ふーふー)「もう・・・あかん・・・こと切れる・・」


500段目
私「もうええ!こんぴらさんのご利益なんて私には関係あれへん!身体の方が大事や~~!」
神椿 資生堂パーラー
http://kamitsubaki.com/
konpirasan6.jpg
私は、景色をみながら ジンジャーエールで一服

息子たちは本社へ!
konpirasan3.jpg

konpirasan4.jpg

ようやく汗と動悸が静まった頃、息子たちが戻ってきて言ったセリフ
息子「あんな、登らんでよかったで。最後の階段キッツいし、俺らでもしんどかったんやで」
息子「ご利益があるように、写真いっぱい撮ってやったからな。みぃや」
息子「これから降りるんやで、大丈夫か?」
息子「足もつれて、こけんとってや」

優しい息子たちです(涙)
けど、降りるのは大丈夫。心配ご無用。しっかり景色を楽しみながら降りれました。
桜、きれいやったぁ

降りるときに見た籠かきの風景
konpirasan7.jpg
乗ってんの中学生やん!
若者!自分の足で登りなはれ。今から楽して生きるとろくなことあれへんで。


ところで・・・この巫女さんたち。
階段はサクッと登れるような秘密があるとか。
境内に「ボクシングジム」があって身体鍛えてるって!?カフェの中で流れていたTVからの情報。
 ひえぇ~~すご~~
konpirasan5.jpg
http://www.konpira.or.jp/news/main/0129/

ところで、達成しようとして結果的に達成できなかったことは、達成したことより記憶に残ると
言われていますが(ツァイガルニク効果 中断効果Zeigarnik Effects)、この500段で挫折した
という未完了感よりも、私には、「500段も登ったぞ!!」という達成感の方が強い、という意味
では、まっ、よかったんじゃないか、と。私の中では、しっかり”完了”しました。
息子「よう、500段も登ったなぁ。エライ、エライ。」
いっぱい褒めてもらったし。うれしなぁ~~

後は、いつ筋肉痛が出てくるのかだけが、ちょっと心配・・(1週間後ぐらいやったりして!?)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。